読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うっかりさん、狭家スマートライフを目指す

夫と、都心33㎡・1DKマンションで

これからも毎年贈りたいチョコレートはこれ

今週のお題「バレンタインデー」
 
f:id:CherryParfait:20160212110320j:image
 

ピエールマルコリーニの真っ赤なハート

ベルギーブリュッセル
サブロン広場のピエールマルコリーニ本店で「Thank you」の笑顔と共にもらいました

日本から来たことや毎年欠かさず楽しみにしてることを話したり
カロンの味やおすすめを聞いて好みのボックスを作り
パリへ向かう高速列車内で食べました


デルレイ、ビーバイビー、ガレー、レオニダス、ゴディバ
悔いが残らぬよう昨年ベルギーでは散々チョコレートを食べたけれど
昔からの想い入れが強かった所為か、私の1番はこのハートです

 

 

出会いは2004年、母親が買った中のひとつ

大学から東京に戻った私はその冬に
ミーハーな母親が買って来たチョコレートの数にうんざりしていました

けれど真っ赤なハートの可愛さに吹っ飛び
そしてその美味しさに燥ぎ感動したのを覚えています

 

母親が買って来なければ私はこの味を知る日はもっと遅かっただろうし
もしかしたら来なかったかもしれない
そしたらベルギーへ行っても感動は薄かっただろうし、と思うと
今では彼女の散財振りも感謝できます

 

今では珍しくないけれど、真っ赤なハートのチョコレートの始まりって
ピエールマルコリーニな気がします、多分

 
それから私の中で
「バレンタインチョコ=ピエールマルコリーニの赤ハート」が定番になりました
 
 
 
 
f:id:CherryParfait:20160207233307j:image

 

変わらない定番と、毎年異なる楽しみを夫へ贈りたい

そう思い今年はロイスダールの魚河岸チョコレートを一緒に贈りました

まるでお寿司な遊び心溢れたデザインはきっと驚いてくれるだろうと
直感的に選びましたが思った以上に喜んでもらえました

 

去年のは、一昨年のは、そんな話をしたり
ピエールマルコリーニの美味しさにベルギーの想い出に耽ったり
そんなバレンタインを毎年過ごしていきたいです

 

 

ちなみに夫の誕生日がバレンタインと1日違いなので
どちらも楽しむ為に我が家のバレンタインは少し早めでもう済ませてしまいました


皆さん、素敵なバレンタインになりますように(∩´∀`)∩

 

 

 

 

番外編

f:id:CherryParfait:20160212123120j:image

日本だとだいぶ影が薄くて、ベルギーへ行ってから初めて知ったガレー

 

ベルギー各地どこへ行っても、どこよりも混んでいたのはここでした

王室御用達で美味しくて他に比べたら安価、つまりコスパが良いと教わり
お土産はここのチョコレートに決めました

日本で買うとかなり割高だけど、いつかまた食べたいチョコレートです

 
ベルギー国旗マカロンもガレーで

f:id:CherryParfait:20150813175236j:plain

 
 
 

 

 オランダにもありました、国旗マカロン

アントワープでは発祥であるデルレイにも行きました

また絶対行きたいブルージュ